NY金:続落、ETF通じた保有量は2013年以来の高水準

22日のニューヨーク金先物相場は続落。金連動型上場投資信託(ETF)を通じた金保有量は前日に16営業日連続で増加して2013年以来の高水準となり、ETFの投資家らは欧州連合(EU)離脱の是非を問う英国民投票の先に目を向けていることが示された。

  ソシエテ・ジェネラルのアジア担当商品調査責任者、マーク・キーナン氏はブルームバーグテレビジョンとのインタビューで、英国民投票でEU残留が決まれば、市場の関心は再び米金融政策に向かうだろうと述べた。

  ニューヨーク商品取引所(COMEX)の金先物8月限は前日比0.2%安の1オンス=1270ドルで終了した。

原題:Gold ETF Investors Look Past Brexit, Lift Assets to 2-Year High(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE