ローンの担保に自撮りヌード画像も-中国、危うい個人データ意識

  • 中国の消費者は一般的に個人情報の提供にそれほど抵抗がない
  • フェイスブックのアカウントへのアクセス許可で利息引き下げも

話し好きの人は借りたお金を返す。とても話し好きな人は返せなくなる。あまりに無口な人も駄目。午前4時にローンを組まないこと。

  これらは中国のオンライン金融業者が、借り手の携帯電話のアプリを通じてその行動を追跡調査して得た教訓で、借り手の信用力を判断する際に考慮されている。中国の消費者は貸出金利引き下げと引き換えに個人の詳細な情報を渡すことに抵抗がない。

  中国人は他人と共有することをいとわない。中国当局は自国民とその習慣に関する世界最大規模のオンラインデータベースを創設する計画で、こうした国民性は計画実現に向けて非常に重要な役割を果たす。李克強首相が貴陽市で開催されたビッグデータの展示会で先月説明したところによれば、中国では収集したデータの80%余りを政府が管理している。同首相はデータの大部分を民間部門が利用できるようにすると述べた。

サイモン・ルーンCEO

Photographer: Justin Chin/Bloomberg

  中国で融資を手掛ける香港のオンライン金融会社WeLabは、借り手がどのアプリをダウンロードしたか、携帯電話のGPSトラッカーを使ってどこへ行くかといった情報や社会的ネットワーク、学業成績などを調べている。その上で、借り手の信用力を示す個人情報が一つ提供されるごとに利息を割り引く仕組みを導入。例えば香港では、借り手がWeLabにフェイスブックのアカウントへのアクセスを許可すれば、金利の5%を割り引いてもらえる。リンクトインのアカウントへのアクセスなら10%の割引だ。これらの情報提供がない場合の利息は最高20%となる。

  紀源資本(GGVキャピタル)の李宏瑋マネジングパートナー(上海在勤)は「中国の人々は個人データを渡すことを何とも思っておらず、クレジットカードの番号や銀行口座を教える」と話す。

  情報共有が行き過ぎていると思われる人もいる。共産党機関紙の人民日報によると、どうしても現金が必要な大学生の中には、複数のオンライン融資プラットホームに担保として自身のヌード画像を送っているケースがある。一般的な借り入れ額は1万5000元(約24万円)で博士課程や有名大学の学生はそれより多く、1週間で30%の利息を要求している融資も少なくとも1件あったという。返済を滞納した場合は、自撮りした裸の画像を家族に送られる可能性がある。

  WeLab共同創業者のサイモン・ルーン最高経営責任者(CEO)は、借り手の携帯電話を使った信用力評価について、これまで常に行われてきたことに技術を応用したにすぎず、データ共有は任意だと説明している。

原題:Phone Tracking, Nude Selfies See Chinese Bare All for Credit (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE