ヘッジファンドのブレバン・ハワード、バーノンCOOが辞任-関係者

ヘッジファンド運営会社ブレバン・ハワード・アセット・マネジメントの共同創業者ジェームズ・バーノン氏が同社の最高執行責任者(COO)を辞任した。事情に詳しい関係者が明らかにした。同社の運用資産は200億ドル(約2兆1000億円)。

  関係者が匿名を条件に明らかにしたところによると、バーノン氏(51)は引き続き同社のパートナーを務める。同社の広報担当者はコメントを控えた。チャンネル諸島のジャージー島にある同氏のオフィスにコメントを求めたが回答は得られていない。ヘッジファンドの情報を提供するHFMウィークが同氏の辞任について先に報じた。

  マクロ経済の動向を予想して投資することで知られるブレバン・ハワードの運用資産は、主要商品の運用成績が2年連続でマイナスとなったことを受け、2013年時点の400億ドルから減少している。関係者が今月初めに明らかにしたところによれば、ブレバン・ハワード・マスター・ファンドの5月の運用成績はマイナス0.3%で、年初来ではマイナス2.1%。資産家のアラン・ハワード氏が運営する同社は昨年11月に約50人を削減したという。

ブレバン・ハワードの入居するビル(ロンドン)

Photographer: Chris Ratcliffe/Bloomberg

  バーノン氏は02年、クレディ・スイス・グループの自己勘定債券トレーディング部門のトレーダー4人と共にブレバン・ ハワードの創業に携わった。同社の社名の最初の部分は創業パートナーであるジャンフィリップ・ブロシェ、クリス・ロコス、バーノン、トリフォン・ナットシスの4氏のイニシャルから名付けられている。 

原題:Brevan Howard Co-Founder James Vernon Said to Step Down as COO(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE