FRB:商業用不動産の不安定さに警告、価格急騰を指摘-報告書

米連邦準備制度理事会(FRB)は商業用不動産価格があまりにも急速に、急上昇し過ぎた可能性があると警告した。

  FRBは22日議会へ提出した半期に一度の金融政策報告で、商業用不動産のバリュエーションは「ネガティブショックに一段と脆弱(ぜいじゃく)になっているように見受けられる。その一方で商業用不動産価格は引き続き賃貸収入を上回るペースで上昇している」と記述。FRBは価格は見方によって金融危機前につけたピークを上回っていると指摘した。

  さらに「ある程度の」金融の脆弱さを所与の前提としても、英国が欧州連合(EU)から離脱した場合などの外的要因がもたらすショックに伴うリスクは安定性を脅かすと記述した。

原題:Fed Warns of Vulnerabilities Building in Commercial Real Estate(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE