マイナス金利のECB貸し付け、銀行は飛び付くか-新長期オペ22日始動

欧州中央銀行(ECB)が金利を市中銀行に支払う新しいプログラムが22日に始動する。

  ECBの新しい条件付き長期リファイナンスオペ(TLTRO2、期間4年)の金利はゼロから始まり、最終的にはマイナスになり得る。ブルームバーグのエコノミスト調査によると、先のプログラムでの借り入れを返済した分を差し引いた利用額は、500億ユーロ(約5兆9000億円)程度と見込まれている。

  金融機関は22日から応札を開始し、ECBは24日に供給額を公表する。

原題:ECB Set to Test Attraction of Paying Banks to Take Its Money (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE