米テスラ・モーターズが韓国参入を準備、人材募集-現代自に挑む

  • ウェブサイト通じ営業・エンジニアリング職の人材募る
  • 韓国で会社として登記済み-ソウルにオフィス開設する計画

米電気自動車(EV)メーカーのテスラ・モーターズが韓国市場に参入する準備を進めている。同国の現代自動車に挑むことになる。

  テスラはウェブサイトを通じ、韓国で営業・エンジニアリング職の4つの新たなポストの人材を募集。また、日本勤務となる韓国採用担当者1人を募っている。テスラは質問に対する電子メールでの回答で、韓国で会社として登記済みでソウルにオフィスを開設する計画だと述べた。計画の詳細は明らかにしなかった。

  テスラは顧客ベースの拡大で新型EV「モデル3」に期待しており、イーロン・マスク最高経営責任者(CEO)は4月、同EVの投入を計画している国に韓国が含まれることを明らかにしていた。2100万台規模の韓国自動車市場でEVの占める割合は1%に満たないが、市場リーダーの現代自動車と傘下の起亜自動車は、2010年代の終わりまでにEVやハイブリッド車など環境に優しい自動車を28車種投入する計画。

原題:Tesla Prepares for South Korea Debut in Challenge to Hyundai(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE