クレディSとUBS、アブダビ首長国2大銀の合併交渉で助言-関係者

  • クレディSはNBAD、UBSはFGBにそれぞれ助言
  • 両行はペルシャ湾岸での投資銀行業務を金融危機以降縮小してきた

スイス最大の銀行UBSグループと同2位のクレディ・スイス・グループは、ペルシャ湾岸地域での投資銀行業務を金融危機以降縮小してきたが、アラブ首長国連邦(UAE)アブダビ首長国の2大銀行の合併案件で助言を行っている。事情に詳しい複数の関係者が明らかにした。

  非公開情報であることを理由に関係者が匿名を条件に語ったところでは、ナショナル・バンク・オブ・アブダビ(NBAD)とファースト・ガルフ・バンク(FGB)が目指す事業統合について、クレディ・スイスは前者を、UBSは後者のアドバイザリー業務をそれぞれ担当している。クレディ・スイスの湾岸地域の投資銀行部門はサアド・ベナニ氏、UBSはアルベルト・パロンビ氏が統括責任者を務める。

  NBADとFGBは合併に向けて交渉中であることを明らかにしており、実現すれば、資産規模で中東最大の銀行が誕生する。クレディ・スイスとUBS、NBAD、FGBの担当者はいずれもコメントを控えている。

原題:Credit Suisse, UBS Said to Work With Abu Dhabi Banks on Merger(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE