英与野党指導者が国民に団結訴え-20日議会招集、コックス議員追悼

英国の欧州連合(EU)残留を支持するジョー・コックス下院議員(労働党)が殺害されたのを受けて、英議会が同議員追悼のため20日に招集された。同国の与野党指導者は17日、今月23日の国民投票を前に残留支持派と離脱派の激しいキャンペーンが続いた後で、市民の団結を訴えた。

  キャメロン首相と労働党のコービン党首はコックス議員が銃撃された現場近くで、異例の共同会見を行い、議員をたたえるとともに国民投票での議論で自制を促した。議員が死亡した後で、キャンペーンは中止されている。

  英国のEU離脱をめぐる論戦は週末に再開される。キャメロン首相は19日にBBCテレビの番組で発言する予定。これに先立って与党保守党内の離脱派のリーダー、ゴーブ司法相やコービン氏がテレビ出演する。

原題:U.K. Leaders Urge Unity, Recall Parliament After Cox Killing (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE