コンテンツにスキップする

NY外為(17日):ドル下落、米利上げペース減速の見通しで

更新日時
  • ドル相場、米金融政策見通しのリプライス継続を反映
  • ポンドやユーロは上昇、英国民投票キャンペーン中断で

17日のニューヨーク外国為替市場ではドルが下落。ドル指数は過去6週間で最長の3日連続低下となった。米金融政策引き締めペース減速や欧州連合(EU)離脱の是非を問う英国民投票といった、政治的および経済的な逆風が重しとなった。

  ドルは主要通貨の大半に対して下落。今週の米連邦公開市場委員会(FOMC)では年内に2回以上の利上げを予想する当局者が減ったことが明らかになったほか、経済はまだら模様の様相を呈しているとの見解が示された。23日に英国民投票を控え、為替市場では引き続き値動きの荒い展開が続いている。

Dollar Falls

  ソシエテ・ジェネラルのストラテジスト、キット・ジャックス氏(ロンドン在勤)はブルームバーグテレビジョンで、「米金融当局はニューノーマルを受け入れている。せいぜい2%の成長率が限界という世界だ」と指摘。「市場では英国のEU離脱・残留の問題に注目が集まっているが、もっと大きなストーリーは米金融当局が政策手段や影響力を失いつつあることだと言わざるを得ない」と述べた。

  ニューヨーク時間午後5時現在、主要10通貨に対するドルの動きを示すブルームバーグ・ドル・スポット指数は前日比0.5%低下。ドルは対ユーロで0.5%安の1ユーロ=1.1277ドル。対円ではほぼ変わらずの1ドル=104円16銭。

  JPモルガン・チェースの主要7カ国(G7)通貨ボラティリティ指数は14日に12.79と、2011年12月以来の高水準に達した。

  麻生太郎財務相は円が20カ月ぶり高値をつけたことを極めて憂慮しているとして、これまで以上に必要な時にはしっかりと対応すると、一歩踏み込んだ発言をした。これを受けて円は一時下落する場面もあった。

  スタンダードチャータードの為替ストラテジスト、アイメア・デーリー氏(ロンドン在勤)は「英国民投票にかけて、円は強くなるだろう」と指摘。「典型的な安全逃避通貨だ」とし、世界市場の「著しい不透明感」を踏まえれば、ドル・円は下落する可能性があると述べた。

原題:Dollar Weakens on Fed Fallout as Brexit Risk Whipsaws Currencie (抜粋)

(第5段落以降を追加し、更新します.)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE