IMF専務理事:英国はEU加盟で豊かになった、離脱はリスク

国際通貨基金(IMF)のラガルド専務理事は17日、英国に欧州連合(EU)離脱のリスクを警告し、残留を正当化する明確な経済的根拠があると説いた。

  同専務理事はウィーンで講演し、EU加盟国であることは英国に雇用をもたらし「ダイナミックで活気のある」英経済を生み出したと語った。貿易と投資、生産性、所得へのプラス効果に言及した。

  英国がEUを「離脱することによる経済へのリスクは明確に下向きだと、われわれはかねて言明している」とし、「英国がこれまでもこれからもEU加盟によって恩恵を受けることは私の目には明らかだ」と語った。

原題:IMF’s Lagarde Says Being in EU Has Made U.K. Economy Richer (3)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE