コンテンツにスキップする

香港H株:反発、英国のEU離脱懸念後退で-週間では3.9%下落

更新日時
  • 残留派議員殺害で残留・離脱両派が国民投票に向けた運動自粛
  • 本土市場の上海総合指数も上昇、消費者銘柄が高い

17日の香港株式市場では、中国本土株で構成されるハンセン中国企業株(H株)指数が反発。今週の下げを縮めた。英国の欧州連合(EU)残留か離脱かを問う23日の国民投票でEU離脱が決まる可能性が低下したことが、ブックメーカー(賭け屋)の予想オッズで示された。

  H株指数は前日比0.9%高の8485.87で取引を終え、週間下落率が3.9%に縮小した。銀行・保険銘柄が高い。英国でEU残留を支持する下院議員が殺害され、残留・離脱の両派が国民投票に向けた運動を中止する中、アジアのほぼ全域で株高となった。ハンセン指数は前日比0.7%高。

  精熙投資管理の王征最高投資責任者(CIO、上海在勤)は「リスク取得意欲が戻ってきた」と指摘。「英国のEU離脱問題をめぐる市場の懸念は行き過ぎだった。英国がEUに残留する可能性はなおある」と述べた。

  本土市場の上海総合指数は前日比0.4%高で終了。消費者関連銘柄を中心に値上がりした。週間ベースでは1.4%下落。CSI300指数は前日比0.5%高で引けた。

原題:China’s H Shares Pare Weekly Decline on Easing Brexit Concern(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE