中国人民元:週間で1カ月ぶり大幅安-景気懸念やMSCIの決定響く

更新日時

今週の中国人民元の対ドル相場は週間ベースで約1カ月ぶりの大幅安となりそうだ。弱い経済指標に加え、MSCIが指標となる指数への中国株の採用を見送ったことが響いた。

  中国外国為替取引システム(CFETS)によると、上海市場で取引される人民元は現地時間午後4時45分(日本時間同5時45分)現在、前週末比0.48%安の1ドル=6.5916元。これは5月13日終了週以来の大きな下げ。前日比ではほぼ変わらず。ここ1カ月の下落率は1%となった。香港市場のオフショア人民元は前週末比0.08%高。

原題:Yuan Posts Weekly Decline Amid Economy Concern, MSCI Rejection(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE