コンテンツにスキップする

米シティ:欧州クレジットトレーディング責任者コーエン氏が退職へ

  • EMEA高利回り債トレーディング責任者の後任はラジャ氏
  • コーエン氏は6月末まで投資適格級債トレーディング部門を統括

米銀シティグループは欧州・中東・アフリカ(EMEA)のフロークレジットトレーディング責任者デービッド・コーエン氏が退職することを明らかにした。

  行内メモによると、コーエン氏は6月末まで引き続き同行の投資適格級債トレーディング部門を統括する。ディストレスト債トレーディングのグローバル責任者などを務めるアミット・ラジャ氏が今後はEMEAの高利回り債トレーディング責任者を兼任するという。

  勤続6年のコーエン氏は米投資適格級債トレーディング責任者などを経て、2014年にEMEAのクレジットトレーディング責任者に指名された。金融機関監督局(FIRA)の記録によれば、同氏はそれ以前にモルガン・スタンレーに20年余り在籍したほか、三菱UFJセキュリティーズ(USA)などでも勤務した経験を持つ。

原題:Citigroup Says Credit Trading Executive David Cohen to Leave (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE