コンテンツにスキップする

モルガンSの商品共同責任者シャーク氏が退社へ-キング氏の役割拡大

  • 共同責任者キング氏が商品事業部門を直ちに単独で統括
  • 商品事業部門のミッチェルCOOも退社-関係者

米モルガン・スタンレーの商品事業部門の共同責任者、ピーター・シャーク氏が退社する意向で、ナンシー・キング氏が単独で同部門の責任者となる。

  債券トレーディング部門責任者のサム・ケリースミス氏は従業員向け文書で、シャーク氏が退社の意向を同行に報告したことを受け、キング氏の役割が直ちに拡大すると発表した。事情に詳しい関係者によると、商品事業担当のマーティン・ミッチェル最高執行責任者(COO)も退社した。シャーク氏とミッチェル氏のコメントは得られていない。ロイター通信は16日、両氏の退社について先に報じた。

  モルガン・スタンレーは、商品事業と債券トレーディング部門の縮小を受け、債券部門の人員の整理を進めている。規制が強化される中、同行は石油の現物のトレーディング・貯蔵事業を売却。幹部らは昨年、債券部門の人員の約25%を削減することを決定し、今年1月にはケリースミス氏を同部門の責任者に指名した。

原題:Morgan Stanley Commodity Co-Head Sherk Exits; King Expands Role(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE