石炭は依然中国の主電力源、クリーンエネルギー利用も推進-チャート

  石炭火力発電が中国で消費される電力のうち70%余りを占め、しばらくの間、引き続き工場や住宅の主な電力源となる可能性が高い。大気汚染の深刻化で政策担当者らは太陽光や原子力など大気汚染度のより低い電力源の利用拡大を促しているが、国際エネルギー機関(IEA)のデータによると、石炭は少なくとも2040年まで主電力源となる見通しだ。

原題:Coal Still China Power King as Cleaner Challengers Emerge: Chart (抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE