米バイアコム創業者レッドストーン氏、ドーマン氏ら取締役5人解任

  • ナショナル・アミューズメンツは新取締役5人を選定
  • レッドストーン氏はデラウェア州裁判所に解任の承認求める

米メディア企業バイアコムの創業者サムナー・レッドストーン氏は16日、フィリップ・ドーマン最高経営責任者(CEO)を含む取締役会メンバー5人を解任した。

  レッドストーン氏の劇場チェーンで、バイアコムの支配株主のナショナル・アミューズメンツが16日発表した資料によれば、ジョージ・エイブラムス氏とブライス・マガービー氏、フレデリック・サラーノ氏、ウィリアム・シュワルツ氏も取締役会から追放された。解任はバイアコムの法人格があるデラウェア州の裁判所の承認が必要。

  レッドストーン氏の長年の側近の一部を退任させることで、ナショナル・アミューズメンツはバイアコムの経営陣刷新に十分な票を確保した。現経営陣は過去2年間の株価の不振で批判を浴びている。レッドストーン氏と娘のシャリ氏は経営陣刷新を望む考えを示唆していた。

  今回の取締役解任はレッドストーン氏と長年の同僚との溝の拡大や、シャリ氏の影響力を物語る動きだ。新取締役に指名されたバズフィード会長のケネス・レラー氏、エバーソース・エナジー会長のトーマス・メイ氏、ディスカバリー・コミュニケーションズ元CEOのジュディス・マケール氏、ドリームワークスSKGの元共同最高執行責任者(COO)のロナルド・ネルソン氏、ソニー・エンターテインメント社長を務めたニコール・セリグマン氏の5人のうち、セリグマン氏とレラー氏らはシャリ氏と非常に親しい。

  レッドストーン氏の弁護士は16日、デラウェア州衡平法裁判所に対し、バイアコム取締役5人の適切な解任と新取締役の正当な指名があったと認定するよう要請した。

  バイアコムのクラスB株は16日、前日比6.8%高の45.05ドルで終了。過去1年間では33%下落していた。
  
原題:Viacom’s Redstone Moves to Take Dauman, Others Off Board(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE