英財務相と中銀総裁がスピーチ取りやめ-殺害された議員を追悼

オズボーン英財務相とイングランド銀行(英中央銀行)のカーニー総裁は16日の予定を急きょ変更し、重要スピーチを取りやめて同日殺害されたジョー・コックス英下院議員を追悼した。

  オズボーン財務相とカーニー総裁はロンドン市長公邸(マンションハウス)で毎年開かれる夕食会でのスピーチを予定していた。この夕食会では伝統的に多くの発表が行われるため、トレーダーや投資家にとって注目のイベントだったが、両氏はオズボーン氏の言う「全議員による英国への奉仕とわれわれが大事にする自由民主主義の価値」を思い起こす機会とした。

  野党労働党のコックス議員はイングランド北部のウエストヨークシャーで襲われて死亡した。同議員の死亡が伝えられると、6月23日に予定される英国の欧州連合(EU)残留か離脱かを問う国民投票のための活動は直ちに中止された。

原題:Osborne, Carney Reflect on Values After U.K. Lawmaker Murdered(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE