英国残留派コックス議員が銃撃され死亡、衝撃広がる-容疑者逮捕

更新日時
  • 国民投票を前に離脱・残留の両陣営が活動停止、再開時期不明
  • 犯人は「ブリテン・ファースト」と叫んだ-メディア報道

英イングランド北部、ウェストヨークシャーで16日、英国の欧州連合(EU)残留を支持するジョー・コックス下院議員(労働党)が男に銃撃され、その後死亡した。事件が伝わると、英国内に衝撃が広がり、残留派と離脱派の両陣営とも23日に予定されている国民投票を前に、活動を停止した。再開時期は不明。

  ウェストヨークシャー警察のディー・コリンズ臨時署長はテレビ放送された記者会見で、「コックス議員は男に襲撃された。男は議員に重傷を負わせ、残念ながらこれが致命傷となった」と説明。通信社プレス・アソシエーション(PA)によれば、コックス議員は2回撃たれ、その後刺された。英国放送協会(BBC)は目撃者の話として、銃撃した男は自家製の銃を所持していたと報じた。
  
  コリンズ臨時署長によると、警察は52歳の男を逮捕した。また現場から拳銃など幾つかの武器を回収したという。

  コックス議員(41)は昨年、下院議員に初当選。EU残留の熱心な支持者だった。前日の15日には夫のブレンダン・コックス氏が2人の子供と共にテムズ川を走るモーターボートの上で「残留」と書かれた旗を掲げてアピールしていた。

  ブレンダン・コックス氏は声明で、「妻が生きていたら今2つの事を望んだだろう。1つは私たちの大切な子供たちが愛情に包まれること、もう1つは妻の殺害をもたらした憎しみに対し、われわれが団結して闘うことだ。憎しみには信条も人種も宗教もなく、人に害を及ぼす」と訴えた。

  離脱派はこの日、英国がEUを離脱すれば増税や歳出削減を迫られると警告したオズボーン財務相とカーニー・イングランド銀行(中央銀行)総裁に反発し、批判を展開していた。世論調査で離脱派リードが伝えられる中、労働党は北部の都市で集会を計画。キャメロン首相も英領ジブラルタルでの集会でEU残留を訴える予定だった。しかし今回の事件を受け、これらは全て中止となった。

  国際通貨基金(IMF)は英国のEU離脱の影響に関するリポートの公表を延期すると発表した。 オズボーン財務相はこの日のロンドン市長官邸の夕食会で、ブレンダン・コックス氏の言葉を引用。同じく夕食会に出席したカーニー総裁も哀悼の意を表した。毎年行われる同夕食会では重要な発表がしばしば行われることから市場関係者から注目されている。財務相と総裁は共に、予定されたスピーチをキャンセルして早めに夕食会を後にした。

  キャメロン首相は「われわれは偉大なスターを失った。コックス議員は思いやりにあふれ、広い心を持ち活動する偉大な議員だった」と語った。

警察は動機に論評せず

  複数のメディアが目撃者の話として伝えたところによると、犯人は犯行の際に、移民受け入れに反対し、EU離脱を主張するグループの名称である「ブリテン・ファースト(英国最優先を)」と叫んだ。

  労働党のコービン党首は全党員がショックを受けていると発言。「コックス議員は公共の仕事と、人間性への深い献身に生涯携わり、英民主主義の要である公務中に亡くなった。自分を議員に選んだ有権者を代表して地元の声に耳を傾けているさなかだった」と語った。

  コックス議員と20年来の知己で、オフィスも共有していたスティーブン・キノック労働党議員は、コックス氏は「百万人に1人の逸材」だったと非業の死を惜しんだ。議員に当選するまでコックス氏はブリュッセルで、欧州議員である母親のアドバイザーをしていた。

  キノック議員はテレビ局チャンネル4とのインタビューで、「コックス氏はエネルギーと生命力、暖かさの塊だった」と発言。「誰もが彼女を愛した。彼女には人のつながりを生み出す力があった」と述べた。

  ウェストヨークシャー警察のコリンズ臨時署長は、警察は「動機について話す立場にない」として、コリンズ議員を襲った犯人が「ブリテン・ファースト」と叫んだとの報道についてのコメントを控えた。

原題:U.K. Lawmaker Jo Cox Is Murdered, Silencing Brexit Debate (1)(抜粋)

(10段落目以降に労働党党首の発言などを追加して更新します.)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE