英労働党のコックス下院議員、集会中に銃撃され重体

英国のジョー・コックス下院議員(労働党)はイングランド北部ウェストヨークシャーで有権者との集会中に銃撃され、病院に搬送された。現在重体だという。

  現地時間午後1時前に起きた事件を受け、英国の欧州連合(EU)離脱に関する政治運動は一時停止された。

  プレス・アソシエーションの報道によると、コックス議員は銃弾を2発受けている。BBCは目撃者の話として、銃撃した男は自家製の銃を所持していたと報じた。

Jo Cox

Photographer: Yui Mok/Press Association via AP Images

  ウェストヨークシャー警察は52歳の男をこの地域で逮捕したことを明らかにした。

  2人の子供を持つコックス議員(41歳)は2015年に当選。地元選挙区の図書館で有権者らと集会を予定していた。

原題:U.K. Labour Lawmaker Jo Cox in Critical Condition After Shooting(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE