16日のインド株式市場では指標のS&P・BSEセンセックスが反落。日本銀行が追加緩和を見送ったことを嫌気した。欧州連合(EU)離脱をめぐる英国民投票への懸念も世界経済の見通しに影を落としている。

  インド最大の自動車メーカー、マルチ・スズキ・インディアが3%安と、4月5日以来の大幅な下げ。たばこのITCは1.3%安。欧州で売り上げのほぼ4分の1を稼ぐソフトウエアのインフォシスは、月初来の下げが5%に達した。通信サービスのブハルティ・エアテルは1.5%下落。

  センセックスは前日比0.8%安の26525.46で終了。前日は1.3%上げていた。

原題:India Stocks Retreat as BOJ Holds Fire, Brexit Drives Volatility(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE