仏シュナイダー、財務幹部のロンドン勤務見直しも-CEO

フランスの電機メーカー、シュナイダーエレクトリックのジャンパスカル・トリコワ最高経営責任者(CEO)は16日、英国が来週の国民投票で欧州連合(EU)離脱を選択すれば、財務担当幹部の拠点をロンドンに維持し続けるかどうかを見直す方針を示した。

  同CEOはブルームバーグのテレビインタビューで、「ロンドンがその役割を失えば、財務担当者をロンドンに置き続けることの妥当性を検討しなければならないだろう」と述べた。

原題:Schneider Would Review London Finance Base in Case of Brexit(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE