スイス中銀:金利据え置き、英国民投票にらみ政策余地温存

スイス国立銀行(中央銀行)は16日、政策金利の据え置きを発表した。英国の欧州連合(EU)残留・離脱を問う国民投票を控え、起こり得る波乱に備えて政策余地を温存した。

  中銀は預金金利をマイナス0.75%で維持した。ブルームバーグの調査に答えたエコノミストの予想通りだった。

  スイス・フランは依然として大幅に過大評価されているとし、必要であれば外為市場に介入すると重ねて表明した。フランは今月に入ってユーロに対し2%余り上昇、14日には今年の高値を付けた。

  中銀は3カ月物ロンドン銀行間取引金利(LIBOR)誘導目標もマイナス1.25-マイナス0.25%に維持した。

原題:SNB Holds Fire as Brexit Blues Pressure Franc at 2016 High (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE