英銀スタンダードチャータード、インドネシア責任者が退社も-関係者

英銀スタンダードチャータードのインドネシア責任者ツェ・クーン・シー氏が退社の意向だ。事情に詳しい関係者が明らかにした。外資系銀行に関する規定変更で、同行は152年の歴史を持つインドネシア業務の見直しを進めている。

  非公開情報だとして関係者が匿名を条件に述べたところによれば、ジャカルタ在勤のシー氏は、別の金融機関への移籍に向け話し合いをしている。シー氏のオフィスに電話したが、同氏はコメントを控えた。シンガポールの同行担当者もコメントしなかった。

  インドネシア政府が外資系銀行の規定を変えるため、スタンダードチャータードは同国内に持つ銀行2行を統合するか、1行を売却する必要に迫られている。

原題:Standard Chartered Indonesia Head Shee Said Planning to Resign(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE