コンテンツにスキップする

中国本土初のディズニーランド、上海で開園-米中首脳も祝辞寄せる

上海ディズニーランドが16日、開園した。米ウォルト・ディズニーにとって中国本土初のテーマパークとなる。花火が打ち上げられ、ミッキーマウスがダンスを披露した午前中の開業式典には汪洋副首相をはじめとする中国政府や上海市の要人も参加した。

Robert Iger

デイズニーのアイガーCEO

Photographer: Qilai Shen/Bloomberg

  汪副首相は「上海ディズニーが安全かつ極上の経験を来場者に提供し、世界クラスのテーマパークとなることを望んでいる」とする習近平国家主席の書簡を読み上げた。

  ディズニーは55億ドル(約5700億円)を投じ上海ディズニーを完成させた。同社にとて最大の海外投資となった。6100億ドル規模に上る中国観光業界をリードしようと競争が激化している。

1465997337_Disney-Shanghai-6

A guest poses for photographs with actors dressed as Mickey and Minnie Mouse

Photographer: Qilai Shen/Bloomberg

  ディズニーのロバート・アイガー最高経営責任者(CEO)は、上海ディズニーが米中関係の明るい見通しを示しているとするオバマ米大統領の書簡を代読した。同CEOは前日の記者会見で、今回開園分の敷地面積が約3.9平方キロメール、総面積は7平方キロメートルだとし、アトラクションを増やす工事にすでに着手していると説明した。

原題:Shanghai Disneyland Opens With Fireworks, Presidential Nods(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE