クレディSとUBS、100億フランの追加資本必要-スイス中銀

スイス国立銀行(中央銀行)は、同国最大の銀行UBSグループと2位のクレディ・スイス・グループについて、新たな資本要件を満たすために追加措置が必要だと指摘した。

  中銀は16日に公表した金融安定報告で、「大手銀行は特にレバレッジ比率などの要件を満たすために行動する必要がある」との見解を示した。

  スイス当局は今年に入り2大銀行の資本バッファーの要件を量と質の両面で厳格化した。中銀は、事業を継続する過程で損失を吸収できる資本として、それぞれ約100億スイス・フラン(約1兆1000億円)相当の追加調達が必要だと算定した。

原題:Credit Suisse, UBS Need More Action on Capital Rules, SNB Says(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE