香港株:ハンセン指数が3週間ぶり安値、成長懸念で-H株も下落

更新日時
  • 長江実業地産など不動産株が安い、中国銀行は3月以来の安値
  • 英国のEU離脱の可能性は大きな不透明要因-凱基証券の陳氏

16日の香港株式相場は下落。指標のハンセン指数が約3週間ぶりの安値で引けた。世界経済の成長見通しや英国の欧州連合(EU)離脱の可能性をめぐり懸念が広がる中、投資家が高リスク資産から逃避した。

  ハンセン指数は前日比2.1%安の20038.42で取引を終えた。この6営業日中、5営業日で下落。本土株で構成するハンセン中国企業株(H株)指数は2.3%安。2銘柄を除く全ての銘柄が値下がりした。

  中国銀行(3988 HK)は3月1日以来の安値。長江実業地産(1113 HK)など不動産株も安い。ニューヨーク原油先物相場が1バレル=48ドルを割り込んだことを受け、中国神華能源(1088 HK)は約2カ月ぶりの大幅安となった。

  凱基証券の陳浩アナリスト(上海在勤)は「香港市場はこのところ、複数の要因で圧迫されている」と指摘。「現時点で英国のEU離脱の可能性は大きな不透明要因で、世界中でリスク資産への投資意欲を著しく損なっているほか、米金融当局も世界経済に関する懸念を表明している。最近発表された中国の5月の経済指標も良好には見えない」と述べた。

  本土市場では、上海総合指数が前日比0.5%安の2872.82で終了。CSI300指数は0.7%安で引けた。

原題:Hong Kong Stocks Sink to Three-Week Low as Growth Concern Mounts(抜粋)、CHINA’S CSI 300 INDEX FALLS 0.7% TO 3,094.68 AT CLOSE、

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE