携帯アプリのスナップチャット、オラクルと提携-広告効果を証明へ

昨年の今ごろ、写真共有サービスなど携帯端末アプリを提供する米スナップチャットは、ソーシャルメディア広告で最も注目される新興企業だった。ただ、広告主である各ブランドは、本当に宣伝に効果があるのか分からなかった。

  スナップチャットは来週フランスで開催される広告関連のフェスティバル「カンヌライオンズ」で、以前よりも多くの方法で投資利益率を証明できるようになったと主張する見通しだ。同社はここ1年で、自社の広告の効果を保証・測定できる外部企業と10件の提携を結んだ。スナップチャットは最近の米オラクルとの提携を強調し、同社のマーケティングツールで店舗販売を増やせると証明する見込みだ。

  少なくともオラクルによればスナップチャットの広告は奏功している。両社は15日、データでの提携を発表。オラクルは消臭剤やシリアルなどの製品に対するスナップチャットの販売キャンペーンを分析することで、小売企業の成果向上を後押しすることを目指す。

原題:Snapchat Strikes Partnership With Oracle to Prove Its Ads Work(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE