中国の滴滴出行、約7700億円の資金調達を完了-米ウーバーに対抗へ

中国の配車アプリ最大手、滴滴出行が73億ドル(約7700億円)の資金調達を完了した。新規および既存の投資家が資金を提供した。滴滴は中国市場で同業の米ウーバー・テクノロジーズとの競争に備える。

  滴滴が電子メールで発表した資料によれば、45億ドルのエクイティファイナンスで、米アップルや中国人寿保険、アリババ・グループ・ホールディングの金融部門である螞蟻金融服務集団(アント・ファイナンシャル)などが新たな株主となった。テンセント・ホールディングス(騰訊)やアリババ、招商銀行、ソフトバンクなど既存株主も新たに資金を提供した。

  事情に詳しい関係者は、直近の資金調達は滴滴の価値を280億ドル近いと評価するものだと述べていた。

  北京に本社を置く滴滴は、エクイティファイナンスとは別に最大25億ドルの借入枠を招商銀から確保したとも発表。中国人寿保険も20億元(約320億円)の長期資金枠を提供し、滴滴は現在、105億ドルの可処分資金を保有していると説明した。

  滴滴は米国でリフト、インドではオラ、東南アジアでグラブと手を組み、世界的な協力関係を形成しており、中国市場でのウーバーの積極的な追撃をかわそうとしている。
 

原題:Uber Chinese Rival Didi Completes $7.3 Billion Financing Round(抜粋)
Didi Chuxing Completes $7.3b Financing Round (抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE