NY金:上昇、年内に複数回の利上げ予想するFOMC当局者が減少

15日の金スポット相場は上昇。今年2回以上の利上げを予想する米連邦公開市場委員会(FOMC)当局者が減ったことが背景。

  ETFセキュリティーズのエグゼクティブディレクターで北米販売責任者のスティーブン・ダン氏は「金にとって好ましいニュースだ。金利上昇による支えを失いドルは弱くなる可能性がある」と指摘した。

  ニューヨーク時間午後2時29分現在、金スポット相場は前日比0.8%高の1オンス=1295.61ドル。

原題:Gold Jumps as Fewer Fed Officials See Multiple Rate Hikes in ’16(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE