コンテンツにスキップする

米アップルの新戦略、AIでグーグルの検索割り込み阻止狙う

米アップルの新たな人工知能(AI)は、同社のソフトウエアやサービス事業をグーグルの攻勢から防御する能力を秘めているかもしれない。アップル端末での検索は利益への貢献が大きいが、その役割からグーグルを締め出す可能性がある。

  アップルは今週開催した世界開発者会議で、最新鋭のAI技術を駆使した多くの機能を公開した。これまでiPhone(アイフォーン)とiPad(アイパッド )に限定されていた音声アシスタント機能「Siri(シリ)」を、ラップトップやデスクトップ型パソコン「Mac(マック)」にも採用することに加え、メッセージサービスで言語を自然に処理し会話にあった絵文字を表示してくれる機能、画像を自動認識し保存した写真を自動的に整理してくれる機能などだ。

  これらはAIで攻勢をかけるグーグルへの対抗という部分がある。グーグルの携帯端末向けキーボードアプリ「Gボード」はアイフォーン向けに特別に設計されたもので、人気のある画像管理アプリ「Google フォト」はアップル端末でも動作する。これらのアプリは、グーグルがアップル端末の検索サービスに割って入ることを可能にしていた。

  アップルは自前で開発したAIサービスを端末にあらかじめインストールしておくことで、自社サービスへのグーグルの割り込み阻止を狙う。Mac用のSiriによる音声検索はグーグルではなく、マイクロソフトの検索エンジン「Bing(ビング)」を利用する。

  アップルは今週、Siriを外部の開発者に開放したが、メッセージングや決済など特定の分野ではアクセスを制限した。これはSiriがアップルのホームオートメーションプラットフォーム「ホームキット」に準拠しない第三者のアプリを使ったシステム、つまりグーグルの「Nest」などでは動かないことを意味している。

原題:Apple Tries to Limit Google Incursions Onto Its Devices(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE