コンテンツにスキップする

MSCI、アルゼンチンの市場ステータス引き上げ検討-17年に判断

世界的な株価指数を提供するMSCIは、アルゼンチンの市場ステータスを「新興市場」に引き上げることを検討する。アルゼンチンは2009年に「フロンティア市場」に引き下げられていた。

  ニューヨークに本社を置くMSCIは発表資料で、来年の市場ステータス見直しの対象に南米2位の経済大国であるアルゼンチンを含めることを明らかにした。

原題:Argentina on Review for Emerging-Market Status After Macri Moves(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE