6月FOMCで利上げの確率ほぼゼロ、米単独の行動は論外-チャート

  米連邦公開市場委員会(FOMC)が15日に利上げに踏み切る可能性は極めて低い。ブルームバーグ・ガドフライのリサ・アブラモビッチ氏によると、仮に利上げに踏み切れば、金融当局者がここ数カ月、世界的な妨げになると警告していた市場混乱をまさに誘発するリスクがある。FOMCは完全雇用と物価安定という責務に関する以外のリスクをどう評価するのか率直に示すと同時に、世界の主要な金融当局との協調にオープンになる機が熟している。

原題:Fed Going It Alone Unlikely, But Here’s Food for Thought: Chart (抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE