コンテンツにスキップする

ゼロ成長は「トレンドライン」、大型財政の必要性に疑問-チャート

大規模な財政出動必要か

日本銀行の試算で潜在成長率がゼロ%前半とみられる日本では、国内総生産(GDP)が時折マイナスとなるのは統計的に自然で、テクニカルリセッションとされる2四半期連続のマイナス成長も「ある意味普通」と、JPモルガン・チェース銀行の佐々木融市場調査本部長は指摘する。ゼロ成長は「基本的にトレンドラインの成長率」であるとし、「日本経済がまずまずの状態で、大規模な財政出動の必要は本当にあるのか」と語る。安倍晋三首相は秋に経済対策を講じる方針を表明している。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE