G7通貨のIV、英のEU離脱懸念で新興市場通貨を上回る-チャート

  米JPモルガン・チェースの指標で、G7通貨のボラティリティ(変動性)が新興市場通貨のボラティリティを大きく上回り、両者のスプレッドは2013年5月以来、約3年ぶりの水準に拡大した。G7通貨の3カ月物インプライド・ボラティリティ(IV、予想変動率)は14日に12.8%に上昇。英国の欧州連合(EU)残留か離脱かを問う23日の国民投票で、離脱が決まるとの懸念が広がり、ポンドのIVが09年3月以来の高水準となった。

原題:G-7 Currency Volatility Soars Above Emerging on Brexit: Chart(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE