中国人民元、5年ぶり安値-オフショアも2月以来の水準に下げる

中国人民元が14日、対ドルで5年ぶりの安値を付けた。景気減速の兆候や資本流出が加速するとの懸念が重しとなった。

  中国外国為替取引システム(CFETS)によると、上海市場で取引される人民元は一時0.19%安の1ドル=6.5966元と、2011年2月以来の安値となった。この1カ月で1%下げた。元が5年ぶり安値を付けたのは、MSCIが中国本土のA株採用見送りを発表する前。オフショア人民元は同じく発表前に一時6.6155元と、今年2月以来の水準まで下げた。

原題:Yuan Declines to Five-Year Low as Concern Over Outflows Deepens(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE