コンテンツにスキップする

6月14日の海外株式・債券・為替・商品市場

更新日時

欧米市場の株式、債券、為替、商品相場は次 の通り。

◎NY外為:ドル指数上昇、ほぼ2週間ぶり高水準-リスク通貨敬遠

14日のニューヨーク外国為替市場ではドルが上昇。ドル指数はほぼ 2週間ぶりの高値水準を付けた。米国と日本の中央銀行の政策決定会合 や欧州連合(EU)離脱の賛否を問う英国民投票を控え、リスク通貨を 売る動きとなった。

逃避需要からドルは南アフリカ・ランドやポンドに対して特に上昇 した。英国民投票について、ここ24時間で5つの世論調査が離脱派優勢 を示したため、ボラティリティの指数は4年半ぶりの高水準に上昇し た。

コモンウェルス・フォーリン・エクスチェンジ(ワシントン)のチ ーフ市場アナリスト、オマー・エシナー氏は「投資家は引き続きリスク 資産を敬遠し、伝統的な逃避先を選好している」と指摘。「高ベータ通 貨はドルに対して下落基調にある」と述べた。

強弱まちまちな経済指標や世界的な向かい風で金利上昇観測が弱ま っており、ドルは年初来で下げているが、この日の上昇で下落分をやや 埋めた。今週は米連邦公開市場委員会(FOMC)会合と日銀の政策決 定会合を控えている。ブルームバーグが実施した調査ではほとんどのエ コノミストが23日の英国民投票を前に日米両当局とも政策を変更しない と予想した。

ニューヨーク時間午後5時現在、主要10通貨に対するドルの動きを 示すブルームバーグ・ドル・スポット指数は0.5%上昇して2日以来の 高水準。JPモルガン・チェースの主要7カ国(G7)通貨ボラティリ ティ指数は12.79%と、2011年12月以来の高水準に上昇した。

ドルは対円で前日比0.1%下落して1ドル=106円11銭。ユーロは対 ドルで0.8%安の1ユーロ=1.1207ドル。

円やスイス・フランなど他の逃避通貨も安全な資産を求める動きか ら恩恵を受けている。フランはユーロに対して年初来高値を更新。円は 対ドルで今月に入って4.4%高と、主要通貨の中で最も上昇している。 円安を通じて消費者物価を押し上げ、経済成長を促進しようとする日銀 の取り組みは円上昇によって複雑化しており、年内の追加緩和観測が強 まっている。

DBSグループ・ホールディングスのシニア為替エコノミスト、フ ィリップ・ウィー氏はリポートで、「市場はFOMCと日銀、イングラ ンド銀行が今週開催する金融政策会合を警戒している」と指摘。「英国 民投票のリスクがどの程度、イエレン米連邦準備制度理事会(FRB) 議長の楽観を弱めるかについて関心が高まるだろう」とし、日銀につい てはサプライズもあり得るとの考えを示した。

原題:Dollar Reaches Two-Week High as Investors Ditch Riskier Assets(抜粋)

◎米国株:4日続落、FOMC控え英国民投票への不透明感高まる

14日の米国株式相場は2月以来で最長の4日続落。15日に発表され る米連邦公開市場委員会(FOMC)の結果が待たれる中、英国の欧州 連合(EU)離脱の可能性をめぐり不透明感が高まった。

この日は銀行株が下落。低金利が引き続き収益の重しとなるとの見 方が背景にある。安全への逃避需要からドルが押し上げられ、素材株は 値下がりした。投資家は安全性を求めて、配当利回りの高い公益事業株 や電話株に買いを入れた。

S&P500種株価指数は0.2 %下落して2075.32。 3週間ぶりの低 水準となっている。ダウ工業株30種平均は57.66ドル(0.3%)安 の17674.82ドル。ナスダック総合指数は0.1%下げた。

フィラデルフィア・トラストのリチャード・シーシェル最高投資責 任者(CIO)は「小売売上高が良好だったが、英国のEU離脱の可能 性やFOMCをめぐる観測、さらに相場が高値圏にあることなどにかき 消されてしまった」と述べた。

シカゴ・オプション取引所(CBOE)のボラティリティ指数 (VIX)は2.2%低下して20.50。前日は23%上昇と、年初来で最も上 げた。

英国のEU残留・離脱を問う国民投票について、ここ24時間で5つ の世論調査が離脱派優勢を示している。朝方発表された5月の米小売売 上高は予想を上回る伸びを示した。

FOMCが15日に利上げを発表する確率はゼロとして先物市場に織 り込まれている。FOMC声明発表後に行われるイエレン米連邦準備制 度理事会(FRB)議長の記者会見での発言が、今後の利上げ軌道につ いてヒントを与えるとして注目されている。市場の動向によれば、利上 げ確率が50%以上になる時期は2017年2月以降に後ずれした。

S&P500種株価指数のセクター別10指数では6指数が上昇した。 特に電気通信サービスと公益事業、生活必需品が上昇した。その一方 で、金融は1.5%の大幅安。素材も売られた。

米消費者金融のシンクロニー・ファイナンシャルは急落し、4カ月 ぶり安値付近。クレジットカード株は軒並み売られた。キャピタル・ワ ン・ファイナンシャルとアメリカン・エキスプレスはいずれも大幅安。

一方、ヤフーは2.6%上昇した。同社が模索している一部資産売却 では、最終入札にプライベートエクイティ(PE、未公開株)投資会社 のTPGやアドベント・インターナショナル、さらにシカモア・パート ナーズとベクター・キャピタル・マネジメントの連合が参加する。事情 に詳しい複数の関係者が明らかにした。

原題:U.S. Stocks Slide for Fourth Day Amid Brexit Concern Before Fed(抜粋)

◎米国債:反落、利上げの道筋では資産運用会社の間で意見割れる

米連邦公開市場委員会(FOMC)が14日から2日間の日程で政策 会合を開催する中、政策金利の道筋をめぐり世界の大手資産運用会社2 社の間で見方が割れている。

世界最大の資産運用会社ブラックロックのグローバル債券最高投資 責任者(CIO)、リック・リーダー氏は、賃金上昇や中長期にわたっ て見られる労働市場の力強さを受けて当局が「この夏もしくは秋にも」 利上げに動く可能性が高いと指摘した。一方でウェスタン・アセット・ マネジメントのケン・リーチCIOは米国を含め世界的に成長が低迷し ているとの理由を挙げて、早期の利上げは「情勢について誤った判断を 下すことになる」と指摘。その上で、政策金利が2%に達するまでに最 大5年かかる可能性があるとの見方を示した。

14日の米国債市場では10年債利回りが6営業日ぶりに上昇。前日 は、今週のFOMC会合では利上げはないとの見方や英国の欧州連合 (EU)離脱の是非をめぐる国民投票を23日に控えて安全資産を求める 動きが強まったことから、10年債利回りは終値ベースで2012年以来の低 水準となっていた。

BMOキャピタル・マーケッツの債券ストラテジスト、アーロン・ コーリ氏は「市場が先走るときもあると思う。ようやく若干の抵抗に直 面しつつある」と分析。「英国のEU離脱をめぐる不安については既に 多くが織り込まれており、余地がなくなりつつある。あすにはFOMC の政策決定が発表される。よって、これまでの動きからやや利益確定の 動きが出ているのだろう」と続けた。

ブルームバーグ・ボンド・トレーダーによれば、ニューヨーク時間 午後5時現在、10年債利回りは前日比1ベーシスポイント(bp、1b p=0.01%)未満上昇の1.61%。同年債(表面利率1.625%、2026年5 月償還)価格は100 3/32。

ブラックロックのリーダー氏はブログへの投稿で、「労働市場の引 き締まりを受けて賃金が緩やかに上昇し、労働参加率低下の影響を超え て失業率は一段と下げている」と指摘。利上げは「長年にわたる緩和環 境への対応にすぎない」と続けた。

一方ウェスタン・アセットのリーチ氏は、金融環境や世界の経済成 長、インフレ期待が改善しない限り当局は利上げしないとみている。

同氏は13日、ウェブサイトへの投稿で「イエレン氏は歴代の連邦準 備制度理事会(FRB)議長の中でもハト派姿勢の強い議長の一人で、 当局の焦点をリスク管理に移している」と指摘。「インフレは世界的に 安定していないどころか、いまだに低下を続けている。日本や欧州はな おデフレと闘っている。これは極めて長いプロセスになる」と続けた。

債券市場のインフレ期待指標である10年ブレークイーブンレート (米10年債と同年限インフレ連動債との利回り格差)は3月以来の水準 に低下。向こう10年間の年間インフレ率についてトレーダーらが1.48% と見込んでいることを示している。

原題:BlackRock, Western Asset Split Over Fed Path as Treasuries Fall(抜粋)

◎NY金:5営業日続伸、ポンド建ては3年ぶり高値-英国民投票控え

14日のニューヨーク金先物相場は5営業日続伸。欧州連合(EU) 離脱の是非を問う英国民投票をが近づくのに伴い、ポンド建ての金価格 は今月に入って8.5%急上昇。ポンドが2カ月ぶり安値に下げる中、金 は一段と割高になり、2013年8月以来の高値をつけた。

RJOフューチャーズ(シカゴ)のシニアマーケットストラテジス ト、フィル・ストライブル氏は電話インタビューで、「英国のEU離脱 をめぐる懸念は深刻だ」と述べた。

ニューヨーク商品取引所(COMEX)の金先物8月限は前日 比0.1%高の1オンス=1288.10ドルで終了。

銀先物7月限は0.1%安の1オンス=17.424ドル。ニューヨーク商 業取引所(NYMEX)のプラチナとパラジウムは下落。

原題:Brits Paying Most in Three Years to Buy Gold Before Brexit Vote(抜粋)

◎NY原油:続落、3週間ぶり安値-リスク回避でドル上昇

14日のニューヨーク原油先物市場ではウェスト・テキサス・インタ ーミディエート(WTI)先物が続落し、3週間ぶり安値。リスク回避 で株式が下げてドルが上昇し、商品の投資妙味が低下した。

インベスコ・アドバイザーズ(アトランタ)の高利回り投資共同責 任者、スコット・ロバーツ氏は「英国のEU離脱への警戒は深まり、懸 念が広がっている」と指摘。「最近の世論調査ではこの懸念が現実にな る可能性が示されており、そうなった場合ドルは上昇し、原油は下げる 可能性が高い」と続けた。

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)のWTI先物7月限は前日 比39セント(0.80%)安い1バレル=48.49ドルで終了。終値ベースで 5月23日以来の安値。ロンドンICEのブレント8月限は52セント (1%)下げて49.83ドル。

原題:Crude Oil Drops to Three-Week Low as Investors Seek Safe Havens(抜粋)

◎欧州株:5日続落、英EU離脱リスクで-中銀会合注目

14日の欧州株式市場では、指標のストックス欧州600指数が5営業 日続落し、約4カ月ぶりの安値を付けた。英国の欧州連合(EU)離脱 リスクの高まりが背景。主要中央銀行の政策決定会合も注目されてい る。

ストックス600指数は前日比1.9%安の320.53で終了。5日間の下げ 幅は2月以降で最大となった。英大衆紙サンがEU離脱支持を表明した ほか、最近の5つの世論調査で離脱支持派が残留支持派より優勢だっ た。こうした状況を受けてポンドが下げたほか、ドイツ10年債利回りは 初めてマイナス圏に突入した。

ユーロ圏の株価下落に備えたオプションの費用に連動するVストッ クス指数はこの日12%上昇し、5営業日の上昇率は64%に達した。スト ックス600指数の業種別19指数は全て下落し、特に鉱業株と石油・ガス 銘柄の下げが目立った。15日は日米の金融政策会合が開かれる。

ドイツ・ポストバンクのストラテジスト、ハインツゲルト・ゾンネ ンシャイン氏(ボン在勤)は「英国のEU離脱は現時点の不透明要素の 一つだ」とし、「日銀や英中銀、米当局の措置、欧州中央銀行 (ECB)による社債購入、企業業績に対する疑問がある。現時点で投 資家は悲観に傾いており、多くの不安が織り交ざっている」と語った。

ストックス600指数は2月の安値から4月20日までに16%上昇した ものの、企業業績が精彩を欠き、ECB刺激策に疑問が生じ世界景気が 懸念される中、同指数は勢いを維持できていない。

個別銘柄では、スイスの投資運用会社GAMホールディングが18% 安と急落。成功報酬の大幅減で上期利益が半減するとの見通しが嫌気さ れた。デンマークの製薬会社ノボ・ノルディスクは5.6%値下がりし た。

原題:European Stocks Slide for Fifth Day as Brexit, Fed Decision Loom(抜粋)

◎欧州債:ドイツ10年債、初のマイナス利回り-英国のEU離脱リスクで

14日の欧州債市場で指標とされるドイツ10年債の利回りが初めてゼ ロを割り込んだ。とどまるところを知らない質への逃避の動きから、年 限10年以上の国債利回りが既にマイナスとなっている日本とスイスの仲 間入りをした。

欧州中央銀行(ECB)のマイナス金利と資産購入によって低下し ていたドイツ国債利回りは、世界景気の悪化や、23日実施の欧州連合 (EU)をめぐる英国民投票を前に離脱支持派が勢いに乗りつつあるこ となどを背景に、低下が加速した。

SEBのマクロ・債券戦略責任者でストックホルム在勤のユッシ・ ヒルヤネン氏は「投資妙味があると判断しない限り、このような利回り 水準でドイツ国債を買う者はいない」とし、「英国のEU離脱と景気へ の懸念が安全資産への需要を支えている。不透明感に対するヘッジとし てドイツ国債が買われている」と語った。

ロンドン時間午後4時23分現在、ドイツ10年債利回りは前日比3ベ ーシスポイント(bp、1bp=0.01%)低下のマイナス0.003%。一 時はマイナス0.033%と、ブルームバーグがデータ収集を開始した1989 年以降の最低を記録した。同国債(表面利率0.5%、2026年2月償還) 価格は0.26上げ104.86。

ブルームバーグ・ユーロ圏国債指数によれば、ユーロ圏で発行され た6兆4000億ドル(約680兆円)相当の国債のうち40%余りがマイナス 利回りとなっている。

原題:German Bunds Reach New Milestone as Yield Declines Below Zero(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE