米ヤフーの資産売却、TPGなどが最終入札参加へ-関係者

ヤフーが模索している一部資産売却の最終入札では、プライベートエクイティ(PE、未公開株)投資会社のTPGやアドベント・インターナショナル、さらにシカモア・パートナーズとベクター・キャピタル・マネジメントの連合が参加する。事情に詳しい複数の関係者が明らかにした。

  さらに米通信企業のベライゾン・コミュニケーションズやAT&T、オンライン金融、クイッケン・ローンズの創業者で資産家のダン・ギルバート氏も最終入札に参加する。ヤフーが売却するのはインターネット中核事業と一部の知的所有権、不動産資産だ。

  事情が非公開だとして匿名を条件に述べた同関係者によれば、いずれの買い手候補も約40億-60億ドル(約4242億-6363億円)を提示しているが、ベライゾンは37億5000万-40億ドルと他社よりも安い金額を提示している。これは特許と不動産資産の買収を含んでいないためだ。また関係者が先週述べたところによれば、ベライゾンは両資産の買い取りにも意欲的とみられている。

  来月初めにも入札結果が明らかになる見通しだという。

原題:TPG Said Among Three Buyout Groups to Make Final Yahoo Bid Round(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE