中国アリババ:今年度の増収率は48%以上を見込む-初の会社予想

電子商取引で中国最大手アリババ・グループ・ホールディングは、売上高の伸びが今年度(2016年4月ー17年3月)に加速するとの見通しを示した。同社が業績予想を示すのは2014年の上場以来初めて。

  アリババは今年度の売上高について、少なくとも48%増になると予想。同社は新たな市場や電子商取引以外の分野への参入を進めている。アリババが速いペースで実施している買収も売上高の伸びにつながっている。同社は過去1年間に買収と自社株買いに187億ドル(約2兆円)を費やした。買収した企業にはインドネシアの同業ラザダ・グループが含まれる。

  マギー・ウー(武衛)最高財務責任者(CFO)は14日の投資家会議で、ラザダと動画ストリーミングサービスの優酷網を除いたベースでは、今年度の増収率は36%強になる見込みだと語った。同ベースでの前年度の増収率は33%だった。 

原題:Alibaba Sees Growth Rising to 48 Percent in First Forecast (2)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE