元クレディS債券トレーダーのクーレイ氏、新興ファンド参画-関係者

カナダ年金制度投資委員会(CPPIB、運用資産2170億ドル=約23兆円)を先月退社したデービッド・アレン氏は、ロンドンで自身のファンドを創立するため、かつてクレディ・スイス・グループで高利回り債トレーディングの責任者を務めたマシュー・クーレイ氏を採用した。事情に詳しい関係者が明らかにした。

  アレン氏は投資会社レンショー・ベイのマネジングパートナーだったジョゼフ・ノバロ氏も採用しており、自身が創立する債券ファンドの最高執行責任者(COO)に迎える。同債券ファンドは年内に創業する見通しだ。関係者は匿名を条件に話した。クーレイ、ノバロ両氏はともに新会社のパートナーになるという。

  クーレイ、ノバロ、アレン3氏はいずれもコメントを控えた。

  アレン氏はCPPIBでクレジット投資担当のマネジングディレクターを務めていた。関係者が5月に述べたところによると、2010年のCPPIB入社以降、アレン氏はクレジットオポチュニティーズ部門(運用資産90億加ドル超=約7430億円)を開設し、運用を担当していた。

原題:Ex-Credit Suisse Bond Trader Courey Said to Join London Startup(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE