ドイツ銀:アジア太平洋部門CEOが退社へ-ここ1年で幹部流出相次ぐ

ドイツ銀行はアジア太平洋部門のグニット・チャダ最高経営責任者(CEO)が来月退社すると明らかにした。同行からはここ1年、上級幹部の流出が相次いだ。

  ドイツ銀のジョン・クライアンCEOはチャダ氏の後任について「追って」発表するとの行員宛てのコメントを同行ウェブサイトに掲載した。退社の理由には触れていない。2003年にドイツ銀に加わったチャダ氏は12年にアジア部門の共同CEOとなり、昨年単独のCEOとなっていた。

  クライアン氏が昨年アンシュー・ジェイン氏に代わって共同CEOとなった後、ジェイン氏の側近だった投資銀行・トレーディング部門共同責任者のコリン・ファン氏や資産運用・ウェルスマネジメント責任者だったミシェル・フェイゾーラ氏らが退社している。

原題:Deutsche Bank Says Asia-Pacific CEO Gunit Chadha to Leave (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE