コンテンツにスキップする

アジア・太平洋株式サマリー:中国株上昇、香港下落-印株ほぼ変わらず

アジア・オセアニア各株式市場の動きは以下の通り。

【中国・香港株式市況】

  14日の中国株式市場で上海総合指数が反発。人民元建てA株の世界的指数への組み入れをめぐるMSCIの決定を前に、中国株のボラティリティ(変動性)が3カ月ぶりの高水準となった。

  上海総合指数は前日比0.3%高の2842.19で終了。日中は前日終値を挟んでもみ合う展開となった。前日は3.2%安で取引を終えていた。同指数のボラティリティ指数(10日間)は3月14日以来の高水準。CSI300指数も0.3%高で引けた。

  中国工商銀行(601398 CH)を中心に金融株が上昇。上海陸家嘴金融貿易区開発(600663 CH)など不動産株は値下がりした。

  華西証券の魏瑋アナリスト(上海在勤)は「A株が世界的指数に採用されるという確信はなく、MSCIの決定を前に市場はやや神経質になりつつある」と指摘。「精彩を欠いた経済指標が相場を圧迫するとみられ、恐らく今後も幾分不安定な取引となるだろう」と予想した。

  香港市場では、中国本土株で構成されるハンセン中国企業株(H株)指数が前日比0.4%安。ハンセン指数は0.6%安で引けた。

(上海総合指数のグラフ:SHCOMP <Index> GP YTD)
(ハンセン指数のグラフ: HSI <INDEX> GPO)

【インド株式市況】

  14日のインド株式市場では、ボラティリティ指数が6週間ぶり高水準に達した。英国の欧州連合(EU)離脱リスクが高まったことが背景にある。

  インドNSEボラティリティ指数は昨年11月以降で最長の5日続伸。指標のS&P・BSEセンセックスは前日比ほぼ変わらずで引けた。指数構成銘柄の中で二輪車メーカーのバジャジ・オートとヒーロー・モトコープの下げが目立った。欧州からそれぞれ売上高の約25%を得ているソフトウエアサービス企業のタタ・コンサルタンシー・サービシズとインフォシスも売られた。

  一方、インドステイト銀行とICICI銀行は買われた。インド準備銀行(英中央銀行)が劣化資産の処理方法に関する新たな規則を導入したことが好感された。

  センセックスは26395.71で終了。騰落比率は約2対3で、日中安値は0.5%安、高値は0.3%高だった。EU残留・離脱の是非を問う23日の国民投票に関する最新の世論調査で、離脱支持派が優勢な状況が示唆された。

(S&P・BSEセンセックスの動向: SENSEX <Index> GPO D)

【オーストラリア株式市況】

  S&P/ASX200指数は前営業日比2.1%安の5203.26。

(S&P/ASX200指数のグラフ: AS51 <INDEX> GP)

【韓国株式市況】

  韓国総合株価指数は前日比0.4%安の1972.03。

(韓国総合株価指数の日中価格グラフ: KOSPI <INDEX> GIP)

【台湾株式市況】

  加権指数は前日比0.5%高の8576.12。

(台湾加権指数のグラフ: TWSE <INDEX> GP D)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE