コンテンツにスキップする

日立、住商:乳がん早期発見、尿検査で識別可能な基礎技術の開発成功

日立製作所住友商事グループは14日、乳がんや大腸がん患者の識別が尿検査で可能となる基礎技術の開発に成功したと発表した。尿中の代謝分の解析でがん識別が可能となる技術開発の成功は世界で初めてで、今後は簡便な検査技術の確立を目指す。

  発表資料によると、尿検体から代謝物を解析し、乳がん、大腸がん患者の識別が可能となった。住商ファーマインターナショナルの米川雄基氏は都内で会見し、「尿検査でがん識別は世界で初めの成功例」と話した。今後は、他の種類のがん識別の可能性の研究を進める。

  日立・研究開発グループの坂入実氏は「進行が早く悲惨な若い女性のがん患者の発見にまず注力する方針」とし、早ければ数年以内の実用化と検査費用の低減を目指したいと語った。

  国立保健医療科学院のデータでは、がん患者の医療費や労働価値損失を含めた経済的疾病費用は約10兆円規模になる。現在は医療機関で検査を受ける必要があり、がん検査は部位ごとに異なっており、受診者に負担となっている。

  

  

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE