人民元:対ドルで5年ぶり安値に接近-成長懸念や英EU離脱を警戒

更新日時

14日の中国人民元相場は、ドルに対し5年ぶり安値に接近。中国の成長鈍化をめぐる懸念が広がったほか、英国の欧州連合(EU)残留か離脱かを問う国民投票が迫っていることで、よりリスクの高い資産の売りが強まった。

  人民元は1月に付けた安値まであと0.1%以内の水準で推移している。13日は1カ月ぶりの大幅な値下がりだった。上海時間午後4時53分(日本時間同5時53分)現在は1ドル=6.5917元と、前日から0.11%の下げ。円やユーロも含む通貨バスケットに対しては、2014年以来の低水準に沈んだ。

  香港市場で取引されているオフショア人民元は0.07%安の6.6015元。

原題:Yuan Approaches Five-Year Low Amid Concern Over Economy, Brexit(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE