トランプ氏が同性愛の有権者にアピール-フロリダの銃乱射事件受け

米大統領選挙の共和党候補指名が確実なドナルド・トランプ氏はフロリダ州オーランドにある男性の同性愛者が集まるナイトクラブで12日未明に起きた米国史上最悪の銃乱射事件に関連し、自身をヒラリー・クリントン氏よりも同性愛者の良い保護者だと述べ、予備選でめったに言及しなかった民主党寄りの有権者層に訴えかけた。

  トランプ氏はニューハンプシャー州のセントアンセルム・カレッジで行った国家安全保障に関する演説の中で、同性愛者のコミュニティーに数回言及し、クリントン氏の資質について疑問を呈した。

  一部のイスラム教徒の移民の出身地域では性的少数者LGBTに反対する価値観があるにもかかわらずクリントン氏がこうした移民を支援する姿勢について、トランプ氏は「クリントン氏は二兎を追うことはできない」と指摘。国内外のイスラム教徒は急進的なイスラム系テロリズムと関連があるかテロリストをかばう道を選ぶため、潜在的に危険だとした。

  トランプ氏はオーランドで自動小銃などを乱射して49人を死亡、53人を負傷させた米国生まれのイスラム教徒の男に言及し、「大量の移民をわが国に受け入れ続けることはできない。彼らの多くはこの野蛮な殺人者と同じ思考プロセスを持っている」と述べた。

原題:Trump Appeals to Gay Voters After Orlando Massacre(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE