コンテンツにスキップする

米ゴールドマン、リンクトイン買収で別の候補に助言-関係者 (訂正)

訂正済み
  • マイクロソフトのリンクトイン買収ではモルガン・スタンレーが助言
  • ノキア部門買収ではゴールドマンが財務アドバイザーを務めた

ゴールドマン・サックス・グループは、米マイクロソフトへの身売り合意が13日発表されたビジネス向けソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)リンクトインの買収に関心を示していた別の買い手候補と協力していたと、事情に詳しい複数の関係者が明らかにした。

  情報が非公開だとして匿名を条件に話した関係者によると、ゴールドマンはリンクトイン買収を検討していた他の買い手候補との関係により、マイクロソフトとの協力は困難だった。

  マイクロソフトがリンクトイン買収前に実施していた同社最大級の買収案件の一つである2013年の72億ドル(現在の為替レートで約7630億円)に上るノキアのデバイス部門買収では、ゴールドマンを財務アドバイザーに起用していた。

原題:Goldman Said to Have Advised Other LinkedIn Suitor (Correct)(抜粋)

(原文を差し替え、デックヘッドと第3段落のスカイプへの言及を削除します.)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE