ツイッター株上昇-マイクロソフトのリンクトイン買収で合併加速観測

13日の米株式市場でツイッターの株価は上昇。米マイクロソフトがビジネス向けソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)、リンクトインを262億ドル(約2兆7900億円)で買収することで合意し、他のテクノロジー企業も買収標的になる可能性があるとの観測が広がった。

  ツイッター株は前週末比3.8%高の14.55ドルで終了。一時は9.1%値上がりした。同社株は年初から先週末10日までに39%下落。同社のサービスをまだ利用していない人にもアピールを広げられるか投資家の疑問が高まっていた。

  同様の成長減速懸念が投資家の間で広がったことで、リンクトインの株価も年初来で下落していた。マイクロソフトがリンクトイン株1株当たり支払う価格は、10日のリンクトインの株価終値を49.5%上回る水準。

  今回の買収合意で、より大規模で歴史の長いテクノロジー企業がツイッターやイエルプのような比較的新しい企業にどれだけ金額を支払う用意があるか市場は把握できたと、モネス・クレスピのアナリスト、ジェームズ・キャクマック氏がインタビューで指摘した。同氏は「ランク付けするなら、ツイッターはトップかそれ近くだ」と述べた。

原題:Twitter Jumps as Microsoft-LinkedIn Deal Could Spur More (2)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE