コンテンツにスキップする

NY外為:円が上昇、対ドルで14年以来の高値に接近-逃避需要で

更新日時

13日のニューヨーク外国為替市場では円が上昇。対ドルでは2014年10月以来の高水準に接近した。欧州連合(EU)からの離脱の是非を問う23日の英国民投票に加え、米国と日本の中央銀行の政策決定会合を控えた不安から安全な資産への需要が強まった。

  世界的な株安となる中、円は主要通貨の全てに対して上昇。英国はEU離脱に向かっていることが、ICMの新しい世論調査2つで示唆された。電話とオンライン調査の両方で「離脱」派が「残留」派に対するリードを5ポイントに広げた。今週は米連邦公開市場委員会(FOMC)会合と日本銀行の金融政策決定会合が開催されるが、ブルームバーグが実施した調査によれば、エコノミストの大半が両中銀とも政策行動を起こさないと予想している。

Yen Rallies

  ナショナル・バンク・オブ・カナダの外為担当マネジングディレクター、ジャック・スピッツ氏(トロント在勤)は「FOMCは今週、政策金利を維持するとみられているため、なお10日あるものの英国民投票に注目は既に移っている」と指摘。「流動性は既にかなり薄く、リスク縮小のトーンになっている。円は週内に日銀会合を控えているにもかかわらず、この流れから恩恵を受けている」と語った。

  中国の需要減速やEUの将来など世界経済のリスクを受け、円は年初から13%余り上昇している。円安を通じて消費者物価を押し上げ、経済成長を促進しようとする日銀の取り組みは円上昇によって複雑化しており、年内の追加緩和観測が強まっている。

  ニューヨーク時間午後5時現在、円は対ドルで前営業日比0.7%上昇して1ドル=106円26銭。先月には105円55銭と、2014年10月以来の円高水準を付けていた。円はこの日、対ユーロで5日続伸。0.3%上げて1ユーロ=119円99銭。

  ブルームバーグが実施したアナリスト調査によれば、円は対ドルで年末までに114円に下落すると予想されている。米商品先物取引委員会(CFTC)の10日付のデータによると、円の買い越しは4万2853枚だった。

  ブルームバーグが先週実施したエコノミスト調査によると、日銀は15、16日の会合では政策を変更しないものの、次回7月28、29日会合で追加緩和を実施すると予想したアナリストは22人いた。

  ソシエテ・ジェネラルのストラテジスト、キット・ジャックス氏は顧客向けリポートで、「円の最近の上昇を受け、日銀に『何かせよ』との圧力が高まるだろう。ただ、われわれは日銀が政策変更を控えるとみている。行動しても市場が反応しないリスクを日銀が取りたくないなら、リスクを回避する動きが弱まった時に実施する必要がある。安全な逃避先としての円の地位はそう簡単に崩れそうにない」と語った。

原題:Yen Approaches Strongest Level Since 2014 as Haven Demand Reigns(抜粋)

(第4段落と第6段落以降を追加し、更新します.)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE