マイクロソフト:リンクトインを2.8兆円で買収、業界最大級

更新日時
  • 「プロフェッショナルなクラウドとネットワークの統合」とCEO
  • リンクトインはセールスフォースの競争相手になり得るとアナリスト

マイクロソフトは13日、ビジネス向けソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)、米リンクトインを262億ドル(約2兆7800億円)で買収することで合意したと発表した。テクノロジー業界で過去最大級の企業買収の1つとなる。基本ソフト(OS)「ウィンドウズ」に依存してきたマイクロソフトはビジネスパーソンとの接点拡大を図っている。

  グーグルやフェイスブックなどが先行する消費者向けウェブブームに乗り遅れた格好のマイクロソフトにとって、リンクトイン買収はソーシャルメディアツールで躍進する絶好の機会であり、しかも対象がビジネス・プロフェッショナルとなる。サティア・ナデラ最高経営責任者(CEO)は社の構造改革や売り上げ回復の手腕を高く評価されているものの、インターネット上でソフトウエアとサービスを提供するビジネス形態への転換を急ぐよう取締役会から求められている。

  マイクロソフトはリンクトイン株1株当たり196ドルの現金を支払う。これは10日のリンクトインの株価終値を49.5%上回る水準。マイクロソフトの発表資料によれば、リンクトインのブランドや企業風土、独立性は維持し、ジェフ・ワイナーCEOも同職にとどまる。

リンクトインのロゴ

Photographer: Chris Ratcliffe/Bloomberg

  ナデラCEOはインタビューで、「世界トップのプロフェッショナルなクラウドと、トップのプロフェッショナルなネットワークの統合だ」と説明。「次なるステップとして今回の買収は理にかなっている」と述べた。

  ナデラCEOが通常の顧客よりも法人顧客に対し、クラウドサービスや生産性ツールの売り込みを図ることに重点を置く中で、今回の買収はマイクロソフトにとって過去最大規模となった。同社は買収を公表するプレゼンテーションの中で、リンクトインのプロフィルがビジネスライフの中心に位置し、ウィンドウズやアウトルック、スカイプ、エクセル、パワーポイントなどのマイクロソフト製品と連携するというビジョンを示した。

  ブルームバーグ・インテリジェンスのシニアアナリスト、アヌラグ・ラナ氏はマイクロソフトがリンクトインを営業担当者のための顧客関係管理ソフトウエアシステムに変えられるだろうと指摘。「この先、リンクトインはセールスフォースの良き競争相手になり得る」と述べた。

  リンクトインの株価は46.6%高の192.21ドルで終了。2011年以来最大の上げとなった。終値は。年初から10日までに株価は42%下げていた。マイクロソフトは2.6%安の50.14ドル。

原題:Microsoft Pays $26 Billion for LinkedIn in Biggest Deal Yet (4)(抜粋)

(5段落目以降にアナリストの発言などを追加して更新します.)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE