OPEC:世界原油市場、今年下期に需給均衡進む-総会発言繰り返す

石油輸出国機構(OPEC)は世界の原油市場の需給が今年下半期により均衡化するとの見通しを示した。需要が伸びる一方で、OPEC非加盟国の供給が減ることを理由に挙げ、今月上旬の総会での当局者らの発言を繰り返した。

  OPECは13日公表の月報で、2016年の原油需給見通しを据え置いた。5月のOPEC産油量はナイジェリア減産で日量3236万バレルに減り、下半期の必要量と見込まれる平均3260万バレルをやや下回った。

  ガボンが7月に再加盟することに伴いOPEC加盟国数は14カ国となる。同国の産油量は日量約20万バレル。

原題:OPEC Sees Global Oil Market Balancing Toward the End of 2016(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE