ブラックストーン、長期投資ファンド向けに50億ドルほぼ調達-関係者

米投資会社ブラックストーン・グループは、バイアウト・ファンド設立に向けた資金調達を月内に完了する見通しだ。このファンドは長期投資手法を取ることで知られる著名投資家ウォーレン・バフェット氏を模倣する。

  事情に詳しい関係者によれば、このファンドは「ブラックストーン・コア・エクイティ・パートナーズ」。個別企業に対し通常の3-5年より2倍以上長い期間投資する同社初の「コア」未公開株式投資ファンドで、約50億ドルを調達する見込み。情報が非公開であることから匿名で発言した同関係者は、ここ数週間で資金をほぼ確保したと語った。

  このファンドが狙うのは大半の買収対象企業よりも規模が大きく事業モデルが確立し、表面的にはリスクの小さい企業だ。

  スティーブ・シュワルツマン最高経営責任者(CEO)は4月のアナリストとの電話会議で、同ファンドを「洗練された投資家に厳選して勧めた」とし、「非常に長い期間にわたり保有する資産として考えている」と説明した。

原題:Blackstone Said Close to Raising $5 Billion Buyout Fund(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE